訛りのきついオーストラリア英語

オーストラリアは英語圏の中でもアクセントが特にきつい地域として有名で、他地域のネイティブでさえも会話中に聞き返してしまうほど、きちんと英語を聞き取るのが難しい国のうちのひとつです。

オーストラリア人は挨拶さえも聞き取りづらく、彼らはただ単に「How are you going on?」といっているつもりでも、こちらからすると「ハウ ユー ゴイン?」くらいにしか聞こえません。また有名な例だと「Today」を「トゥダイ」と発音するような「A」を「アイ」と発音する独特なオーストラリアンアクセントもあります。

さらにアクセント以外にもオーストラリアならではの独自の言い回しもあり、彼らは大好きなバーベキューのことをそのままには言わず「バービー」と略して言います。ほかにもなんでも言葉を略してしまうため、オーストラリア人のことをオージーなどというのもこの類のうちのひとつです。

このように初めて話すとその聞き取りづらさにびっくりしてしまうオーストラリア英語ですが、この独特なアクセントや言い回しをマスターできればあなた自身の英語力の幅も広がるかもしれません。

PR|スカイプで英会話レッスン無料体験|

ビジネス英語はマンツーマンがベスト

ビジネスにおける英語を学習する事は今後の社会においても大変重要な事となるのです。

 

オンラインで自分の英語能力をリスニングからスピーキングまでトータルに学習していける環境ができたのは誰にとっても大変嬉しい事ですが、ビジネスにおける高いレベルでの英語学習を考えるのであればやはり、そこはマンツーマンで徹底的な学習を行っていく事が大変重要な事となるのです。

 

ビジネスの現場における英語は今後の長い国際化の中でも大変重要な要因となります。そのような中でいかにして質の高い英語能力を磨いていけるかどうかを考える時にはやはり英語をマンツーマンで学んでいく事が大変重要な事となるのです。

 

英語を最短で効率よく学習を行っていくにはいかにしてこのような方法で素敵な英語学習を楽しんでいけるかどうかがとても重要な事となるのです。

 

ネイティブ講師と楽しんで素敵な英語学習を行っていく事でより短期間で素敵な英語学習を行っていく事が可能となるのです。

英会話留学は有名な学校に通うべし

英語を徹底的に学んでいく事でより質の高い英語学習を行っていくことが可能となるのです。普段から英語を自分で適切に学習を行っていくことでより効果の高い素晴らしい毎日を送っていけます。英語にしろ他の言語にしろ現地で集中的に多くの時間を割いて学習を行っていくことが文化面等の理解も含めて大変効果的な学習を行っていくには最適な場合が多いのです。

しかし、ただ闇雲に学校を選らんでいく事が良いとは一概には言えないのでその点に関しては十分な注意を払っていきましょう。インターネット等の口コミを見ていると多くの学校が紹介されています。その中で自分にとってベストな環境を選らんでいく事は大変重要な事となるのです。外国語学習は多くの方にとって大変な費用面での負担を強いられるのです。

そのような点を鑑みていくとやはり人気のある学校は講師のクオリティも高くまたサポート体制も充実しているので誰でも安心して自分の学習を行っていく事が可能となるのです。そのような点を考える事でより効果的で素敵な毎日を送っていく事が可能となるのです。普段から自分らしい英語学習を徹底的に行っていくにはクオリティの高いスクール選びから始めていく事が大変重要な事となるのです。

話せるためには、まず語彙力。

以前から「英語が話せるようになりたい!」という強い願望があった上に、オリンピックが東京にで開催されることが決まり、「習うなら今しかない!!」と思い、某英会話学校の門を叩きました。

私が受講したクラスは、3~5人までの少人数クラスで、ネイティブの先生と教科書を元に日常会話を1時間勉強するクラスでした。
クラスメイトは年齢も性別も様々で、旅行程度の会話なら不自由しない社長さんから英語の読み方さえままならない主婦などいろいろ。
でも、皆さん「英語を身に着けたい」という意識が高く、授業中や授業後も進んで先生に質問していました。

先生は若い男性で、2年前にイギリスから来日したとのこと。
少しシャイなところがありましたが、片言の英語での質問にも、とても丁寧に対応してくれました。

一番思い出深いのは、スクール外で先生を囲んでクラスメイトと食事会をしたことです。
私は子供たちを連れて参加したのですが、生の英語に触れる機会となり、また大人も勉強するということを子供たちに見せられてとても良い機会となりました。柔軟に対応してくれた先生にも感謝です。

メンバーも内容も本当に良かったと思うのですが、週1回のクラスに1年通っても、結局日常会話すら話せるようにはなりませんでした。

英語を話せるようになるにはやはりいかに語彙数を増やすかにかかっていると思いました。1日わずかずつでも良いので、英語に触れて知っている単語を増やすよう、今では空いた時間にUSニュースをネットで見るようにしています。