「未分類」カテゴリーアーカイブ

英会話が苦手でもワーキングホリデーで働ける

ワーキングホリデーという海外に滞在しながら1年間働くことができる若者向けの制度があります。

オーストラリアやカナダが人気の渡航先です。

英会話が苦手で海外で仕事を見つけるのは難しいと考えている方もいるかもしれませんが

実は仕事場によっては単純作業が多く、現地で使う英単語なども限られているので問題ありません。

ファームと呼ばれる農園のアルバイトをする場合やスーパーマーケットで働く場合には、ほとんど

現地人との会話はありませんので流暢に英語を話せる必要がないのです。

それにワーキングホリデーで来ている人たちは大抵ネイティブではないため

現地人のように速いスピードで英語を話したりしません。

皆つたない英語を一生懸命に話すのでコミュニケーションをとりやすい環境となっているのです。

当然、英語をスムーズに使える方が職種の幅も広がりますし、時給のよいアルバイトにありつける

確率も高くなりますが、そういった高度な英語を要求される仕事は、英会話の勉強をしながら

ステップアップ先として狙うのが良いでしょう。

通勤中に聞くラジオ英会話

英会話ができるようになるためには、座学の時間を増やすよりもとにかく実戦的な経験値を積むことが大切なようです。私が取り組んでいるのは口に出して発音することと、耳を通して聞くことなんですが、これを毎日習慣的にこなせるベストな場所があることに気付きました。それは通勤中の車の中です。もちろん安全運転を心がけて、ラジオに気をとられすぎないように気をつけているのですが、毎日の通勤時間がこれによって充実したものになりました。

なかなか声に出して発音する練習は恥ずかしい気持ちを感じさせるものです。家でもなかなか私はそれが出来なかったんですが、移動中の車内なら誰もいないので気にせずそれができます。リスニングについてなんですが、最初はなかなか理解できない言葉も何度も繰り返して聞いていくうちに何を言っているのか少しずつ理解できるようになりました。回数をこなして耳を鳴らしていかないことにはどうにもならないんだと思います。こんな練習を繰り返せるので車内でのラジオ英会話は私には欠かせないものになっています。

インターナショナルスクールへの憧れ

今の成人が子供だった頃はとても考えられなかったことかも知れませんが、今では小学校から英語の授業があります。

そのせいもありますし、就職するにも進学するにも英会話が出来ると便利だと言うことから、小さいうちから英会話を習わせる親が増えています。

「0歳から始める英会話」なんて言うのもありますし、胎教に良いとして英会話を聞いている妊婦さんもいます。

私はそこまでは考えていないのですが、「我が子が英会話を得意になってくれたら、海外旅行の楽しみが増えるだろうな。」とか「自分も英語を流暢になった我が子から英語を学べたら良いな。」なんて言うことは思います。

それで、今現在2歳の我が子を数年後に近くのインターナショナルスクールに通わせたいなと検討しています。

でも、私の母や兄は「日本語さえ発達段階にある時期に、英語を学ばせても大丈夫なのかな?」ととても心配しています。

これを聞いて自分自身「確かにそうかも知れない。」と心が揺れています。

インターナショナルスクールに通っているお子さんの気持ちや言語の発達など、分かる機会があれば良いものですが。

TOEFL対策のための英会話

アメリカ・カナダなどの英語圏に留学しようと考えている人は、TOEFLテストのスコアを留学先の大学に提出することになります。このTOEFLテストにはスピーキングのセクションがあり、マイクに向かって英語を話さなければいけません。このスピーキング対策のために、英会話教室に通う人もいますが、英会話スクールとTOEFL対策ではかなり勉強内容が異なるので注意が必要です。

実際のTOEFLのテストでは日常英会話を話すような問題はなく、根拠に基づいた自分の意見を主張する問題や、リスニングで聞いた内容を理解して要約を英語で話すといった能力を求められます。

これに対し、普通の英会話の学校では友人同士で会話する時のおしゃべりの練習をしたり、ロールプレイングを通してドラマの役の台詞を話すなどの練習をするので、TOEFL対策とはかけ離れたものになります。

モチベーションを上げたいというのであれば英会話教室も有用ですが、TOEFLテストのスピーキングやリスニングの対策を行うときは、TOEFL専門の学校や塾に通った方が効率は良いでしょう。

英会話ができないと困るかもしれません

「英会話ができないと将来困るよ」と、昔はいろんな人からよく言われたものでした。「英会話なんてできなくたって、わたしは日本人だから…」と言い訳半分で英会話のことを放置していた時期がありました。

学生の頃は英会話の授業というよりは英語の授業でしたから、わたしにとってそれは魅力的に映らず、そのため学校の英語の授業には気持ちが入りませんでした。

「英語が苦手になった、ただの言い訳」だととられても仕方がありませんが、「学校での英語の授業がもう少しだけでも楽しかったら、英会話ができるようになったのかもしれない…」なんてたまに考えるのです。

これからの時代はどれくらい英会話ができないと困るのか…それはさっぱりわかりませんが、国際化の時代の中で英会話ができた方がいいのはわかりきっています。「一生日本の中で生きるとしても」です。

日本から出る予定がある人はもっともっと英会話が必要不可欠ですから、ある程度できなくては困るでしょう。

ビジネス英会話に適した学習方法

海外支社のある会社に務めている方や外資系の金融機関などで働いているサラリーマンにとって

ビジネス英会話の勉強は欠かせません。

現場で英語を勉強しながら英会話をマスターしていくオン・ザ・ジョブトレーニングも可能ですが

初めの数ヶ月はほとんど仕事にならないでしょう。

英語で行なわれるミーティングに参加する場合、ネイティブが使う英語のスピードについていくので

精一杯のはずです。ですので仕事が始まる前や退社後の英語の勉強が重要になってきます。

具体的にはNHKラジオのビジネス英会話が良い勉強の教科書となるでしょう。

スマホをお持ちの方であれば、NHKラジオのアプリが無料でダウンロードできるので

入れておきましょう。

はじめはネイティブの会話を後から追いかけるシャドーイングからはじめます。

ある程度シャドーイングができるようになったら、今度はネイティブの台詞を丸暗記して

言えるようにするとよいでしょう。

台詞を丸暗記する利点はいざ英語で話すという時にアレンジして話せるようになるということです。

昔、数十ヶ国語を操るシュリーマンというビジネスマンがいましたが、彼も暗唱を行って外国語を

身に付けたそうです。暗唱することによる学習法は実はかなり効率が良いのです。

お金を稼ぎながら英会話を勉強できるアルバイト

英会話ができるようになりたいけれども、スクールや教室に通うお金はないという場合、勉強しながらお金をもらう仕事を見つけるのが第一歩です。具体的には、横須賀にある米軍基地の食堂でアルバイトしたり、外国人の多い六本木のバーや忍者レストランでウエイターとして働くことで簡単な英会話を学ぶことができます。特に大学生は夏休みや冬休みなどの休み期間が長いので、こういったアルバイトに応募するのがオススメです。ただしアルバイトであっても仕事に支障が出てしまうような低い英語のレベルである場合は採用してもらえないかもしれません。

同時通訳のような仕事でも英会話の練習はできますが、あまりにもハードルが高すぎます。

英語が全く話せないという初心者レベルの場合は、やはりネット上で言語交換パートナーを見つけて、スカイプやLINEなどで日本語と英語交じりで会話をする練習をしたほうが良いでしょう。またボランティアで日本の観光ガイドをするサービスに登録し、外国人観光客を連れて浅草や京都を案内するというのも英会話の練習になりますし、日本の歴史を再勉強する良い機会にもなります。しかし有料で観光ガイドをする場合は、英語ガイドの国家資格を取得することが必要となるので注意が必要です。

英会話をするためにGabaで学ぶ!

英会話というと少し抵抗を感じてしまうかもしれませんが、日常会話程度のレベルの英会話なら、いまのうちに習っておきたいものです。

Gabaならマンツーマン英会話なので、グループレッスンでの恥ずかしさや、人に遅れを取ってしまっているなど気にせずに、自分にあったレッスンが受けることが出来ます。内容は個々にカスタマイズされ、インストラクターも選べるようです。予約制で、朝から夜まで(7時から21時55分ですがスクールによって異なります)開いているので、学校帰り、仕事帰り、に簡単行くことが出来ます。

「日常マンツーマン英会話」「ビジネスマンツーマン英会話」「トラベルマンツーマン英会話」と、自分にあった英会話のコースを選ぶことが出来ます。

雰囲気もよく講師に熱意、意欲があり、アットホームな雰囲気があります。先生の熱意で、私も頑張らなければと思えます。テキスト通りに進めるのもありなのですが、電話会議のときの受け答えなど、自分が気になるビジネスで頻繁にでてくるシチュエーションなども教わることが出来ます。

私はそういった方を重視にしていたので、ビジネス英会話はある程度まで出来るようになっているんじゃないかと思います。ただこちらのやりたいことを、講師の方に伝わるように積極的に説明する必要が出てくるので、そちらも勉強になりました。

英会話の必要性を違う角度で考える

英会話の重要性は最近では当たり前のように言われているし、だれもがうっすらきずいているような気がします。しかし、外国人と話す機会なんてない、日本にいるから必要ないと考えている人が多いのもまた事実だと思います。そんな人たちにも別の角度から英会話のすばらしさについて知ってもらいたいとおもいます。

●英会話は会話であることがすごく役立つ。

英会話といっても様々な形がありますが、少し値が張っても、外国人とのマンツーマンレッスンをおすすめします。外国人と英語のみで会話する練習を積み重ねることで、英語力だけでなく会話力を身につけられると考えます。英語という普段あまり触れる機会のない言語をもちいることにより相手の言葉を必死に理解しようとするはずです。また、自分の伝えたい内容を頭の中でしっかり組立て、英語として自分の知っている単語内で、時にジェスチャーを加えて必死に伝えようとするはずです。この力は、会社や初対面のひととの会話の場面でも必ず役に立つと思います。自分の言いたいことをしっかり相手に伝えるというのはしっかり頭で考える作業が必要であり、意外と難しいとおもいます。

以上のことから、英会話は英語力が身に付くだけでなく会話力も身に付く一石二鳥な習い事なのです。

英会話教室はどうやって選べば良いのか

英会話を勉強する時には、やはり独学でという方は少ないのではないでしょうか。多くの人が英会話教室に通ってこの英会話を勉強なさるかと思います。しかし、その英会話教室というのは、とてもたくさん数があります。そのために、どこの英会話教室にすれば良いのかという事がわかりにくく、悩んでいる方もきっと多いと思います。そういった方のためにも、英会話教室はどうやって選べば良いのか、という事に関してアドバイスをしていきたいと思います。

英会話教室は、評判や実績で選ぶ事が重要です。また見落としがちなポイントですが、予約のとりやすさというのも非常に大切な事になりますから、人気がありすぎて予約が全くとれないような英会話教室は、避けるべきだと言えるでしょう。

また最初は体験レッスンなどを実際に自分で受けてみる事が大切です。そうすれば、その教室が自分にあっているのかなどそういった事がわかるのではないでしょうか。参考にしてください。